よくある質問

お電話でのお問い合わせ・お見積り
0120-109-266
(受付時間9:00~18:00)

お問い合わせ・お見積り

よくあるご質問

古紙・不要品回収業者さん、関西には沢山ございます。
では、なぜ弊社がおすすめなのか?疑問に思われる方も多いでしょう。
そこで、こちらのページでは出張回収、作業内容、料金、回収エリア、その他の5点に分けて~Q&Aを作成しておりますので、ぜひ一度ご参照ください。
※質問をクリックすると、その回答が表示されます。

古紙回収に関するQ&A

出張回収に関するご質問

Q

平日以外の休日・祝祭日でも回収して頂けますか?

A

はい、回収させて頂きます。
ただし、土・日や祝祭日ですと、込み合う可能性が高くなりますので、なるべく早めのご連絡をお願い致します。

Q

回収の際、時間指定することは可能でしょうか?

A

はい。お客様のご都合やご要望などに合わせ、日時を細かく設定して頂けますと、弊社側もスケジュール等を調整致します。

Q

家庭の古紙はいつ頃に回収して頂けるのでしょうか?

A

最短で当日回収が可能です。ただし、場所、予約状況にもよります。
できる限りお客様のご要望にお応えできますよう努めさせて頂きます。

Q

蔵書の処分に困っています!本当に対応して頂けるのでしょうか?

A

一般家庭の蔵書整理にも対応させて頂きます。
作業中にて古書(一般書、専門書、コミック、雑誌など)としての買取が可能な品物は高価買取とさせて頂きます。
万が一、お値段が付かない書籍等は古紙及び不用品として回収・引取りさせて頂きます。

Q

引っ越しや大型家電の購入時に発生した特大サイズのダンボールを処分していただきたいのですが…

A

引っ越ししたのは良いものの、大量のダンボールがかさばったことによって空間、スペースが台無し、窮屈…。
そんなお客様には迅速に対応できますように即日回収サービスをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q

古紙以外の回収もして頂けますのでしょうか?

A

CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム類をはじめ、家具、家電、貴金属類、フィギュアなどの玩具類の回収・引取りも可能です。
中でも買取可能な品物に付きましては高価買取させて頂きます。
また、団地や一軒家、法人様のオフィスや医療クリニック、店舗様の原状回復サービスも承っております。ぜひ一度、お気軽にご相談下さい。

Q

無料回収となるケースを教えて頂けますか?

A

蔵書整理や大量の古紙が出た場合。弊社の近隣にお住まいの方。エレベーターの有無や立地条件などでケースバイケースです。

Q

あまりにも量が多すぎて紐で束ねる、仕分けすることが不可能です…なんとかできないでしょうか?

A

弊社ではお客様が一切動かずに仕分けから梱包、持ち運びまでの一連の作業はすべてこちらで請け負うことも可能です。
年配の方、妊婦さん、病中病後の方、お片づけが苦手な方にとっても優しいサービスをご提供していることが弊社の人気の一つでもあります。

Q

会社のカタログや案内冊子を処分して頂きたいのですが…

A

会社のカタログ、チラシ類、社内誌及び社内閲覧用の新聞、雑誌、書籍類の大量回収は積極的にお引受け致します。1tでも10t以上でもお客様のご希望日時に合わせて回収させて頂きます。

Q

会社の事務所移転によって古紙以外のゴミも発生しました。処分して頂けますか?

A

古紙は古紙としてしっかりと回収させて頂きます。ゴミなどの産業廃棄物につきましては、産廃業者様の手配も可能です。古紙回収からテナント退去による原状回復に至るまで会社整理の実績が多数ございます。

Q

シュレッダーの紙屑、コピー用紙の回収もお願いできますか?

A

可能です。紙のようですが、中には防水加工が施されている紙類もございますので、その際には産業廃棄物として扱うことになります。

Q

古書店を閉店することが決まりました。店内の書籍などはどのようにすれば良いのでしょうか?

A

まずは、テナント内の状況をお聞かせ下さい。解体工事をしなければならない場合、買取可能書籍と古紙に仕分けします。
そうすることによって少しでも経費削減のご提案ができますように努めさせて頂きます。
また、原状回復の際にはスチール棚やカウンターなどの撤去、壁クロスの貼り換え作業など閉店状況にも様々なケースがございますので、ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

Q

法人の図書整理や大学などの研究室の整理も可能でしょうか?

A

可能です。蔵書印が押印された書籍でも買取対象となりますので、買取可能な書籍につきましては買い取らせて頂きます。
ただし、押印等がなしの比較的綺麗な古本に比べますと買取価格は減額となりますことをご了承下さい。
また、古紙として処分可能な書籍は回収させて頂きます。法人の図書整理、大学などの研究室の蔵書整理に関しましては、実績と経験が豊富なスタッフが揃っておりますので、自信があります。ぜひともお任せ下さい!

Q

営業時間に関して…

A

弊社は年中無休ですが、受付時間に関しましては午前8時30分から午後19時(夜7時)までとさせて頂きます。

作業内容に関するご質問

Q

お部屋を片づけて欲しいのですが、汚くて散らかっているお部屋では無理なのでしょうか?

A

大丈夫です。弊社は、数ヶ月以上放置されていたお部屋などでもキレイにお片付けさせて頂きますので、ご安心下さい。

Q

粗大ゴミでお断りされた家電、家具の回収・引取りをお願いしても大丈夫でしょうか?

A

冷蔵庫、洗濯機などの家電はもちろん、大型家具なども大丈夫です。不用品回収、喜んでお引受け致します。

Q

お部屋のお片づけ、店舗や事務所の整理は一体どのような作業をして頂けるのでしょうか?

A

ご家庭、会社、お店などの散らかったお部屋をはじめ、空き家、ゴミ屋敷などのお片づけをお客様に代わってキレイに整理させて頂きます。他に、解体工事などのサービスも承っております。

Q

古紙回収の際、不要になった書籍、CD、DVD、ゲーム類などは買取ってもらえるのでしょうか?

A

はい、買取致します。弊社は過去に古書店やリサイクルショップで勤務していたスタッフが多数在籍しておりますので、買取可能な商品がございましたら、査定ができるスタッフを優先的に派遣させます。すなわち、処分予定だったものに買取価格が付加されます。

Q

回収の際、ご用意・ご準備しなければならないことは?

A

古雑誌や古新聞などを運びやすくして頂けますと幸いです。例えば、古新聞や古雑誌類が多数ある場合は紐で結んで頂くか、ミカン箱系ダンボールや大き目の袋に入れてまとめて頂くことをおすすめします。また、エレベーターなしのマンションやアパート、テナントビルの場合は、弊社スタッフが到着する直前で結構ですので、階下までおろし、一まとめにして頂けますとより一層スピーディーな対応が可能となりますので、弊社としましても非常に助かります。

Q

マンション、団地、アパートにエレベーターがありません。それでも対応してもらえるのでしょうか?

A

対応可能です。ただし、エレベーターがない場合は持ち運びが困難ですので、別途料金を頂いております。また、エレベーターなしの団地の階数(2階~5階まで)によっても料金は変更します。また、車が横付け不可能な場合、駐車場がかなり離れた場所に存在する場合なども別途料金を頂きます。ただし、蔵書整理の場合につきましては、回収と同時に買取も行えますので、別途料金を頂くことはございません。詳細に関しましては、お電話にてお問い合わせください。

Q

ダンボール1枚、紙袋1つでも対応して頂けますでしょうか?

A

対応させて頂きます。ただし、少量の場合(例:ダンボール1枚のみ、古雑誌4~5冊など)ですと、別途料金を頂きます。詳細は、お電話にてお問い合わせください。

Q

大量に不用品がある場合でも、即日回収して頂くことは可能でしょうか?

A

可能です。弊社は原則、当日の午前中までにご連絡頂けますと、即日に回収させて頂いております。しかし、休日(土日、祝祭日)の場合は込み合いますので、早めにご連絡頂けますと大量の古紙類や不要品の即日回収が可能です。

Q

感熱紙やレシート、カーボン紙が大量にあります。回収してもらえますでしょうか?

A

これらの紙類は、再生資源としての回収ができません。産廃業者のご協力の下、有料回収となりますので、もしも感熱紙やレシート、カーボン紙の回収をご希望でしたら、まずは弊社までお電話ください。

Q

ホッチキスやクリップ類、バインダーの金具類はどのようにすればよろしいのでしょうか?

A

よく見かけるような通常サイズ(日頃、私たちが使用するような小さいもの)ホッチキス針やクリップ類はそのまま装着したままでも構いません。ただし、ダブルクリップの場合は必ず取り外してください。また、ファイルやバインダーなどの金具類は必ず取り外してください。また、紙の原料にならないビニルや金属類も取り外して願います。万が一、量が多すぎて取り外しに一苦労されるようでしたら、ご遠慮なさらずにお気軽にご相談ください。

Q

古紙回収の対象物を教えていただけますか?

A

古紙は、古雑誌や古本、古新聞、使用済みダンボール、ビラ・チラシなどです。金具が混在したファイル、バインダー、ホルダー、プラスチック製のクリアファイル、石材入りカタログ、クロスカタログは対象外ですので、ご注意ください。

Q

回収していただく古紙は、どのような状態にして置いておけば良いのでしょうか?

A

紐で束ねて頂くかダンボールなどに箱詰めして頂き、玄関前などの持ち運びが行いやすい場所に一時的に保管して頂けますと幸いです

Q

御社がよくおっしゃっている"迅速な対応方法"とはどういった内容ですか?

A

すなわち、即日対応させて頂くということです。お客様よりご連絡頂きましたら、即日にお伺い致します。ただし、高質なサービスを維持するべく"1日10名様限定"とさせて頂きます。その日のうちに10名分の予約が入った場合は、最短でも翌日の対応とさせて頂きます。

Q

どんな時に御社のサービスは便利なのでしょうか?

A

とにかくすぐに来て欲しい方、お住いのスペース確保(とにかく不要品が部屋中に大量にあるのでキレイに整理して欲しい)を最優先したい方にとっては、非常に便利です。弊社が自信をもって断言できます。

Q

古紙回収や不用品回収業者っていろいろありますが、御社と他社の違いは?

A

他社との違いは、やはり即日対応が可能なことです。なぜ、即日回収、当日回収、緊急回収かと言いますと、迅速かつ丁寧な対応と作業をモットーとしているからなのです。  例えば、午前中にご連絡を頂ければ、弊社スタッフが早くとも午前中までにお伺いすることが可能で、実際にそういったパターンは非常に多いです。

料金に関するご質問

Q

お見積りは、本当に無料なのでしょうか?

A

対応エリア内のお見積りに関しましては、すべて無料でございます。万が一、不成約の場合でも決してお見積り費等を請求する事は一切ございません。もちろん、お見積りのご依頼のみでも大丈夫です。

Q

もし、予算的にも厳しいと思った際には、お断りしても良いでしょうか?

A

大丈夫です。弊社はあくまでも"お客様にお喜び頂けるサービス"がモットーです。万が一、お見積りにご納得を頂けない際には、お気軽にお断り頂きましても一切問題ございません。

Q

他社とのお見積りと比較、検討させて頂いてもよろしいでしょうか?

A

ぜひ、ご検討下さい。弊社では、お客様に相応しいお見積りプランをご提案致します。他社様のお見積りと比較・検討して頂きまして、ご納得されました上でご依頼ください。

回収エリアに関するご質問

Q

回収エリアを教えて頂けますか?

A

大阪府下(もちろん市内を含みます)をはじめ、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県です。ただし、大阪以外の他府県に関しましては、古紙などの量(多さ)によって可否が判断されますので、まずはお問い合わせください。

Q

御社よりも場所がかなり離れているのですが、遠方まで回収して頂けるのでしょうか?

A

状況(古紙類や不要品類の量、回収にかかる料金など)によりましては、大阪市外、大阪府以外の近畿圏へお伺いすることも可能です。

Q

無料回収とのことですが、いかなる場合に無料になるのでしょうか?

A

数量、場所によって回収・引取りの条件は異なります。

Q

一番低コストで済ませる方法をお教え願います!

A

まずは、お客様の現状をお伺いし、お客様それぞれに相応しい最適な方法をご提案させて頂きます。場所や時間などに余裕があるとおっしゃるお客様には、月一度の古紙回収日をおすすめすることもございますのでご了承願います。

その他のご質問

Q

回収方法を具体的にお教えください

A

弊社が行う回収方法は、2通りございます。まずは、"即日回収"です。とにかくお急ぎですぐにでも回収をご希望の方が対象の回収方法です。ただし、1日限定10名様までとさせて頂きます。次に、"時間指定回収"です。こちらは、お客様のご都合・ご要望に添って日時を細かく設定して頂くことが可能です。

Q

古紙回収依頼は、どのようにご依頼すれば良いのでしょうか?

A

ご質問、お見積りに関することなど、お気軽にご相談下さい。お電話、Eメール、心からお待ちしております。

Q

溶解証明書や領収書は発行してもらえるのでしょうか?

A

はい、発行できますので、必要な方は事前にお声掛け下さい。

古紙・ダンボール回収や書店の閉店整理・事務所整理等、古紙回収の事なら何でもご相談ください!

お問い合わせ・お見積り